Pro Tools HDXにMERGING HORUSのサウンドとRavenna Networkのパワーを!

HDX Core / HD Nativeとダイレクト接続が可能なMERGING HORUS / Hapi用オプション・カード、IOM-H-PT64 for Pro Tools HDXリリース!


2014年のNABにおいてRavenna CoreAudio Managerがリリースされ、既にMacおよびPro Toolsに対応しているMERGING HORUS / Hapiですが、基本的にNative環境での対応にとどまっていました。

2014 NAB Show Report!Day2:MERGING >>

Pyramixのオーディオ・インターフェイスとして世界最高のサウンドを誇ると言えるHORUS / Hapiですから、そのサウンドをPrismSoundやAPOGEEのようにHDXとダイレクト接続するオプション・カードで実現したい!と待望する声も多数あるのも当然でしょう。
そんな要望に満を持してMERGINGが応えたのが、HORUS / Hapi用のオプション・カード「IOM-H-PT64 for Pro Tools HD」です!
詳細に関しては不明な点もありますが、ここでは判明している限りでIOM-H-PT64で出来ることをお伝えいたしましょう!

IOM-H-PT64 for Pro Tools HD 定価¥124,200(税抜き価格¥115,000)

近日中のリリースが予定されているIOM-H-PT64ですが、もちろん弊社のHORUSでもお試し頂けるように準備中です!
デモのご依頼、お問合せもお待ちしています!

お問合せフォーム >>



まずHORUS / HapiにIOM-H-PT64を搭載するには、オプション・スロットにインストールすることになる訳ですが、複数のオプション・スロットを持つHORUS / HapiにIOM-H-PT64を何枚まで搭載出来るのでしょうか?
上の図をご覧頂ければお分かりのように、HORUS / Hapiともに2枚までのIOM-H-PT64をインストール可能です。
2スロットのHapiの場合はどちらにも、6スロットのHORUSの場合は後ろから見て右の2段、Slot 3 / Slot 6にインストール出来ることになり、合計で最大128ch分のオーディオシグナルをPro Tools HDXとやり取り可能ということを意味します。(HDXカードが2枚必要となりますが)
対応するサンプルレートは44.1kHz〜192kHzまでのPCMが基本となりますが、もちろん、Ravenna接続したPyramixであればDSDレコーディング/ プレイバック、DXDミキシングが可能なのは言うまでもないでしょう。

また、ハードウェア・セットアップを見ると、HD MADIとして認識されているのもお分かりですね?
HORUSの場合は64ch分のMADI、24ch分のAES/EBUが標準となっていますので、IOM-H-PT64を2枚インストールすれば、それ単体で88ch分のデジタル・オーディオをPro Toolsとやり取りすることが可能なのです。
しかも、HORUSの場合はそれでも4スロット空きがある訳ですから、AD/DAを2枚ずつフルに搭載すれば、HORUSのみで最大104ch分の入出力まで実現出来てしまう、という事ですね!



ではクロック周りはどうでしょう?
上の図をご覧頂ければお分かりだと思いますが、さすがにLoop Syncには対応していません。
しかし、HORUS単体で膨大なチャンネル数のオーディオを扱えますので、Loopを組む場合も少ないでしょうし、エクストラのインターフェイスを使用する際は、HORUSのWC OutからHD I/O等へリファレンスを送ることも可能です。

さらに、IOM-H-PT64を搭載したHORUS / Hapiは、Ravenna Networkを使用することが出来ますので、例えばHapiにIOM-H-PT64を2枚搭載し、Ethernet Hubで接続したHORUSにAD/DA、MADIオプションをフルで搭載すれば、HORUSの176ch分、Hapiの16ch分、合わせて192ch分のオーディオのうち、任意の128ch分をPro Toolsとやり取り出来ますし、追加のHORUSを接続すれば、さらに膨大なチャンネル数から自在にルーティングしたオーディオをPro Toolsとやり取り出来るでしょう!



Pro Toolsのハードウェア・セットアップ画面でもご覧頂きましたが、IOM-H-PT64にはHDインターフェイス・エミュレーション・モードというのも存在します。
これは、HD I/O、HD MADI、192 I/Oのそれぞれの入出力レイテンシーをエミュレートするもので、併用するHDインターフェイスとの互換をとることが出来るというものです。
至れり尽くせりですね!

HORUS / Hapiの誇る、世界最高のAD/DAはもとより、Ravenna Networkの柔軟性までPro Tools HDXシステムにもたらすIOM-H-PT64カード。
この他にも様々な使い方が考えられると思いますが、弊社でも入荷次第チェックを行ない、続報をお伝えして行く予定です!
さらなる柔軟性を手に入れたHORUS / Hapi、この機会に導入をご検討してみてはいかがでしょう???

HORUS / Hapiに関することはもちろん、Pyramixに関するお問合せも大歓迎です!
お問合せはフォーム、もしくはお電話にてお気軽にどうぞ!

TEL:03-3255-3332

お問合せフォーム >>


(文:Miyaji Professional Division:梓澤)


宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------