オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

Pyramixとの組合わせでDSD256 11.2MHzを実現する、世界最高峰のAD/DA/インターフェイスMERGING HORUS!そのHORUSとPro Tools HDXダイレクト接続を可能にするPT64 Option Cardが遂にリリース!早速検証を行ってみました!

20151231_1567912-1.jpg

2014年4月にRavenna CoreAudio Driverがリリースされたことにより、Pro Toolsユーザーのみならず、CoreAudioで動作するMacアプリケーションでHORUSの高品位なサウンドを享受出来るようになっていました。
しかしPro Tools HDXユーザーにとっては、チャンネル数等に制限が存在するCoreAudio接続よりも、Mini DigiLinkを使用したダイレクト接続が望まれていたのも事実でしょう。
その要望にMERGINGが応える形でリリースされたのが、IOM-H-PT64 Option Cardという訳です。

Pro Tools HDXにMERGING HORUSのサウンドとRavenna Networkのパワーを! >>

Report:MERGING HORUS + PT64 Option Card!Pro Tools HDXとのダイレクト接続の実際は?インストール編! >>

Report:MERGING HORUS + PT64 Option Card!Pro Tools HDXとのダイレクト接続の実際は?Pro Tools HDX起動編! >>

 

Review:DXD & DSD256 Technical Spec!Audio Precisionで計測したMERGING HORUSの実力をご紹介!


前回まででHORUSにPT64 Option Cardをインストール、DigiLinkケーブルでHDXにダイレクト接続した上でPro ToolsがHDXをエンジンとして起動したところまでご紹介しましたね!
PT64のPORT1/2をそれぞれHDX Coreにダイレクト接続して、64ch分のI/Oとして認識されているのも確認出来ました。

それでは、Avid純正のインターフェイスであるHD I/OとHORUSを混在させる場合はどうするのか?
クロック・リファレンスの取り方は?
そういった部分も含めた検証を行いつつ、今回は同じ環境で聴き比べたHORUSとHD I/Oのサウンドの違いをご紹介しましょう!

20151231_1567913.jpg

まず、普通にAvidインターフェイスとしてHORUSを考えた場合でDigiLink接続を行ってみました。
つまり、HDX CoreのPORT1からHORUSのPORT1へDigiLink接続し、HORUSのPORT2/Exp.からHD I/O 8x8x8のPrimary PortへDigiLink接続を行う、というコンフィギュレーションです。
この状態でPro Toolsを起動し、ハードウェア設定を開いたのが上の図になります。

一見、通常通りに表示されているようですが、ここで表示されているHD I/O #2というのはHORUSのエミュレーション・モードのことのようで、物理接続されているHD I/O 8x8x8ではないようです。
この時、HORUSのモジュール設定でPT64にアサインしていたのはアナログ・アウトのみでしたので、インプット/アウトプットともにアナログが選択されているのがお分かりかと思いますが、もしHD I/O 8x8x8が認識されているとしたら、ここでAES/EBUやOpticalをチョイス出来るはずです。

結論から言うと、PT64のPORT2/Exp.はAvidのExpansion Portとは全く違う振る舞いをしており、どちらのポートもHDX Coreと接続して、それぞれが32ch分のI/Oとして認識されるようになっている、という事でしょう。
考えてみれば、HDX CoreのMini DigiLinkポート1つで32ch分のI/Oを認識する訳ですから、HORUSで32ch分占有したら、ぶら下げているI/Oを認識するはずもないですね。

20151231_1567914.jpg

ということで、PT64のPORT2/Exp.に接続していたDigiLinkケーブルを、HDX CoreのPORT2へ接続し直してみました。
上の写真がその様子となります。
もちろん、HD I/O自体は16 I/Oが可能となっていますから、Expansion Portから2台目のHD I/O Primary Portに接続し、HORUSとあわせて64ch I/Oを実現することも出来ますし、前回もお伝えしたようにHORUS単体で64 I/OをHDXに流し込むことも可能です。

20151231_1567915.jpg

改めてPro Toolsを起動し、ハードウェア設定を開いてみたのが上の図になります。
今度はキチンとHD I/O 8x8x8も認識されていました!

ここで注目して頂きたいのが「クロックソース」と「ループマスター」です。
ハードウェア設定をご覧頂ければ、それぞれ「内部」「HD I/O #1」が選択されているのがお分かりでしょう。
しかし、PT64 Option Cardの写真をご覧頂いてもLoop Syncポートはありませんし、もちろんHORUS本体にもLoop Syncポートはありません。

それではどのようにクロック・リファレンスを取っているのでしょうか?

20151231_1567916.jpg

少し写真が欠けてしまいましたが、このような接続になっています。
HORUS本体のWORD CLOCK OUTから、HD I/OのWORD CLOCK INへ、BNCケーブルで接続しているだけです。
これでLoop Syncが成り立っているのかはハッキリとしませんが、実際Pro Tools起動時になんのアラートも出なかったところから、問題はないのでしょう。

ちなみにテスト出来てはいないのですが、HORUSとは別に、クロックマスターとなるジェネレーターなどがある場合は、ジェネレーターのWC OUTからHORUSのWC INへ、HORUSのWC OUTからHD I/OのWC INへと接続するようです。
こちらも機会があれば検証を行いたいと思いますが、HORUSのDB15 SYNC PORTにはVideo ReferenceのI/Oも接続出来るようになっていますので(専用ケーブル必須)Tri SyncやハウスシンクにPro Toolsをリゾルブさせることも可能でしょう。

20151231_1567917.jpg

念のためデモ・セッションを開いてセッション設定を見てみると、クロックソースが「HD I/O #1 > 内部」となっています。
この辺りの仕組みがどうなっているのかは不明ですが、なんにせよ、問題なく使用出来るのであれば、それほど深く考える必要もないかもしれません。

Sync HDが接続されていませんから、SYNC設定&タイムコードオフセットの欄には同期機器が存在しないと表示されていますが、上でも少し触れたように、HORUSのSYNC PORTが使用出来るようであれば、逆にシンプルな構成に出来る分、コンパクトなシステム構築が可能です。
この部分は機会がある時に検証を行なっていきます。

20151231_1567918.jpg

ハードウェア設定/セッション設定で、問題なくHORUS & HD I/O 8x8x8を認識しましたので、I/O設定の方も確認しておきましょう。
インプット側しか表示させていませんが、16ch x 3台分のHD I/Oとして48ch分が見えてますね!

HORUSがエミュレートしている「HD I/O #1」と「HD I/O #2」の方は全てアナログ扱いになっていますが、HD I/Oそのものの「HD I/O #3」にはアナログの他、AES/EBUが表示されているのもお分かりですね。

20151231_1567919.jpg

それではアウトプットの切替で、HORUS & HD I/Oからのサウンド比較が出来るようになりましたので、早速聴き比べてみましょう!

こちらのデモ・セッションは、セッション設定を見て頂いてもお分かりですが、トラック数は多いもののサンプルレートは24bit/44.1kHzのセッションとなっており、意外にその違いが分かりにくいのでは???と考えていたのですが・・・
想像以上に明確な違いを聴き取ることが出来ました!

誤解のないように記載させて頂くと、HD I/O自体はコストパフォーマンスに優れたインターフェイスでありますし、プロフェッショナルの現場で標準的に使用されるべきAD/DAのサウンド・クオリティと安定性を持っています。
しかしHORUSから出て来たサウンドは、そのHD I/Oと比較しても明らかにしっかりとした定位感、奥行の距離が分かりそうな解像感、広いダイナミックレンジを持っていたのです。

こればかりは聴いて頂かないと判断が難しいとは思いますが、少なくとも、それがその場に居合わせたスタッフ全員の共通した感想であり、Pro Tools HDXのI/OとしてHORUSをご検討頂いていたお客様が、その場でオーダーを決断頂いたことからも明白な事実であると言えます。

インプット側の比較に関しては、後日改めてテスト・セッションを行いたいと思いますが、PyramixでのDSD256レコーディングを繰り返して来たこともあり、クリアで透明な素晴らしいサウンドはPCMでも維持されているのでしょう!

いかがでしたでしょうか?
Pro Toolsでのワークフローが標準的になっている現状では、Pyramix、それもDSDプロジェクトでのワークフローは柔軟性に欠けたものなのかもしれません。
しかし、Pyramixのサウンド・クオリティの一部を担うHORUSのサウンドを、Pro Tools HDXシステムで享受出来ることは、計り知れない効果をもたらすのではないでしょうか。
引き続き、検証結果を随時お伝えして行きますので、お楽しみに!

Miyaji Professional Divisionでは、Pyramixシステムはもちろん、HDXともダイレクトコネクトが可能になったHORUS / Hapi、さらにはPro Tools HDXに関しても様々なご提案を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい!

TEL:03-3255-3332

お問合せフォーム >>


(文:Miyaji Professional Division:梓澤)

20151231_1567920.jpg




  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE