Report:MERGING HORUS + PT64 Option Card!Pro Tools HDXとのダイレクト接続の実際は?Pro Tools HDX起動編!

Pyramixとの組合わせでDSD256 11.2MHzを実現する、世界最高峰のAD/DA/インターフェイスMERGING HORUS!そのHORUSとPro Tools HDXダイレクト接続を可能にするPT64 Option Cardが遂にリリース!早速検証を行ってみました! 

20151126_1538605.jpg

2014年4月にRavenna CoreAudio Driverがリリースされたことにより、Pro Toolsユーザーのみならず、CoreAudioで動作するMacアプリケーションでHORUSの高品位なサウンドを享受出来るようになっていました。
しかしPro Tools HDXユーザーにとっては、チャンネル数等に制限が存在するCoreAudio接続よりも、Mini DigiLinkを使用したダイレクト接続が望まれていたのも事実でしょう。
その要望にMERGINGが応える形でリリースされたのが、IOM-H-PT64 Option Cardという訳です。

Pro Tools HDXにMERGING HORUSのサウンドとRavenna Networkのパワーを! >>

Report:MERGING HORUS + PT64 Option Card!Pro Tools HDXとのダイレクト接続の実際は?インストール編! >>

Report:MERGING HORUS + PT64 Option Card!Pro Tools HDXとのダイレクト接続の実際は?HD I/Oとの比較編! >>

 

Reviw:DXD & DSD256 Technical Spec!Audio Precisionで計測したMERGING HORUSの実力をご紹介!

このPT64 Option Card、どのように動作するのか?Ravenna NetworkをどのようにPro Toolsへルーティング可能なのか??Pro Tools HDXで使用した場合のサウンドは???などなど、様々な方が興味を持たれていることでしょう。
Miyaji Professional Divisionでは予告通りPT64 Option Cardを入手!早速、様々な検証を行うことにしました!
第二回目の今回は、PT64 OptionとHDX CoreをMini DigiLinkケーブルで接続、起動してみた様子をご紹介しましょう。

20151126_1538607.jpg

さて、先日開催されたInter BEE 2015でも、弊社ブースにてPro Tools HDXにHORUSをダイレクト接続し、デモセッションの再生を行いましたので、ご覧頂いた方も多いかもしれませんね!
結論から言うと、もちろん問題なくPro Tools側からHORUSをI/Oとして認識、再生することが出来たのですが、それには少しだけHORUS側の設定をしてあげる必要がありました。
その辺りも含め、順番にご説明して行きましょう!

まずはHORUSにインストールしたPT64 Option Card上のMini DigiLink Portと、HDXカード上のMini DigiLink Portを接続します。
それぞれに「Port 1」「Port 2」がありますので、それぞれをDigiLinkケーブルで接続します。
念のため、HORUSの電源をONにしてからMacを起動、Pro Tools HD11を起動します。

しかし、なぜかHDXカードにI/Oが接続されていない旨のアラートが出てしまい、HORUSを認識してくれません。
HORUS上では、スロット3にインストールしたPT64 Option Cardを「PT3」として認識していますので、ハードウェア的な問題ではないようです…

20151126_1538608.jpg 

MERGING本社に問合せを行ってみたところ、最新のマニュアルを添付したメールをいただき、これでうまくいかなかったら再度連絡しろと(笑)

弊社でPyramix + HORUSを使用する場合、ほとんどがDSDプロジェクトであったため、SETUP > Formatsタブ内のSample Rateを「DXD DSD」にしていたのですが、ここを「Auto」にしておかないといけないようです!
早速、マニュアル通りに「Auto」に切替えた上でPro Tools HD11を起動すると・・・
無事HORUSを認識してくれました!

たったこれだけのことだったんですね…

20151126_1538611.jpg

前回の記事でもご紹介した通り、HORUS自体はRavenna Core Audio Manager接続でPro Toolsが起動出来ますので(Ethernet接続していないので、実際にはあり得ないのですが)念のためPro Toolsのプレイバックエンジンも確認してみました。

ちゃんと「HDX」が選択されてますね!

20151126_1538612.jpg

ハードウェア設定も確認してみました。
ペリフェラルのボックスを見ると、HD I/Oが2台ずつ合計4台として認識されているのも分かりますね!

この時HORUSは「HD IOエミュレーション・モード」となっておりましたので、このような認識の形をされていますが、HD MADIエミュレーションの場合はまた違った見え方をするのでしょう。
この辺りも検証を進める中でご紹介出来ればと考えてます。

20151126_1538613.jpg

当然のことながら、I/O設定を確認しても64ch分のインプットが表示されているのが分かります。
弊社のHORUSは、アナログ16ch、AES/EBU 24ch、MADI 64chが装備されているので、合計104ch分のインプットの中から、Pro Tools HDX経由で64ch分のオーディオ・シグナルを流し込める、ということになります!
2Uラックマウント・サイズで、これだけ膨大なオーディオ・シグナルを扱える、ということになりますので改めてHORUSの優秀さを感じてしまいます。

もちろんアウトプットも同様なのですが、こちらはHORUSに装備されているアウトプットに、どこからのオーディオ・シグナルを割当てるか???というのを指定してあげる必要があります。
これはHORUS本体のタッチパネル、もしくはMT Discovery経由で起ち上げたブラウザ上から行えます。

20151126_1538614.jpg


ブラウザ上に表示されたHORUSの画面から、SETUP > Routingをクリックします。
HORUS本体に搭載されたAES/EBU、MADIの他、オプション・スロットにインストールされているカードが認識されているのがお分かりかと思いますが、それぞれのボックスをクリックすると、どこのスロットからのオーディオ・シグナルを割当てるかを指定出来ます。

ここではPro Toolsからのシグナル、1〜16までをHORUSのDAアウトから、17〜40までをHORUSのAES/EBUアウトから出力するようになっていますね!
例えば、D/A 4のボックスをクリックし、アウトプット・ソースをA/D 1に選択した場合、ADカードから入って来たシグナルはそのままDAカードから出て行くということになり、緑の文字内が「A/D 1(1-8)」となります。

また、A/D 1 / 2がグレイアウトしているのがお分かりかと思いますが、入力に関してはPro Tools HDX、Ravenna Networkへオーディオ・シグナルを流し込むため、このような仕様になっているようです。

20151126_1538615.jpg

この状態で、同時にRavenna接続をしていたPyramixも起ち上げてみました!
実際にレコーディングまで行っている訳ではないのですが、後ろにPyramixのプロジェクトが現れているのも見えますね???

Ravenna Easy Connectで、HORUSの入出力の状態をチェックしてみると、キチンとMassCore Pyramixマシンに接続されています!
HORUSのD/A 4 / 6だけMassCoreから外れているのも見えますが、これはアウトプットをPT3へルーティングしているのが要因でしょう。

20151126_1538616.jpg

HORUSのRouting画面に戻ってみると、ご覧のようにD/Aカード1枚のみPro Toolsがアサインされ、他がRavenna Networkからのシグナルをアウトプット出来るようになっているのもお分かりでしょう。

いかがでしたでしょうか?
例えば、HD I/Oとのサウンド比較や、実際にレコーディングしてみてのテスト、さらに複数台のHORUS / HapiをRavenna接続した上での挙動など、気になるとこはまだまだあります。
しかし、柔軟な運用と究極のサウンドを誇るHORUSが、Pro Tools HDXで使用可能になったという事は、MERGING自身が考えるよりも大きな出来事なのかもしれません!
引き続き、検証結果を随時お伝えして行きますので、お楽しみに!

Miyaji Professional Divisionでは、Pyramixシステムはもちろん、HDXともダイレクトコネクトが可能になったHORUS / Hapi、さらにはPro Tools HDXに関しても様々なご提案を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい!

つづきはこちら! >>

TEL:03-3255-3332

お問合せはこちら >>

宮地プロフェッショナル事業部
-----------------------------------------------