Review:4K Video Satellite用UHD/30Pビデオ素材を、Avid Artist | DNxIOでキャプチャ検証!No.2

待望のAvidビデオI/O、Artist DNxIOのHD再生に関しては既にお伝えいたしましたが、今回は関西放送機器展にて実演予定となっている、4K Video Satellite用UHD/30Pビデオをキャプチャ検証してみました!本命のMedia Composer編です!



昨年のNAB 2015にて発表されたAvidのNew CommerであるビデオI/O、Artist DNxIOが昨年末ついにリリースとなりました!
前回の記事では、UHD/30PビデオをMedia ExpressにてH.265キャプチャを行ったところまでご紹介いたしましたね。

Review:4K Video Satellite用UHD/30Pビデオ素材を、Avid Artist | DNxIOでキャプチャ検証!No.1 >>

ビットレート50Mb/sでのキャプチャ自体は問題なく行えたのもご紹介いたしましたが、現状のMac環境ですと、単独でのプレイバックがかなり難しいということも分かりました。
そこで、第二回目となる今回は、DNxIO最大の特徴となるDNxHRハードウェア・エンコードを行い、Media Composer上で快適な編集環境を構築出来るのか???というところを検証してみます。

Video tips:待望のビデオ・インターフェイスAvid Artist | DNxIOを検証! >>

Avid Artist | DNxIO FAQ >>

Avid Artist | DNxIO 仕様 >>

DNxHRハードウェア・エンコードを行う場合、もちろんMedia ComposerのCapture Toolを使用することになるのですが、いわゆるプロフェッショナルなカムコーダーではないSONY FDR-AX100でのキャプチャ方法も含めたご紹介もしていきましょう!



Media Composerの起動が完了すると、当たり前ですがプロジェクト設定を行う必要があります。
今回はXAVC-S 3840 x 2160 30P(29.97P)の素材を、DNxIOのハードウェア・エンコーダーを使用してDNxHRとして取り込むことになるので、ラスターサイズはオリジナルと変更なく3840 x 2160、UHD 29.97pフォーマットで新規プロジェクトを作成します。
カラースペースはRec.2020にしてもよかったのですが、元のファイルが8bitのためRec.709のままで設定しています。

各種設定が完了したら、作成したプロジェクトを選択、OKして先に進みます。



今回は先にMedia Expressにてキャプチャを行っていましたので、特にDesktop Video Utilityを起動/設定変更を行うこともありませんでしたが、この時点で念のため設定を確認しておいた方がよいでしょう。

さてMedia Composerの初期画面のままでは、キャプチャを行うようになっていないことがほとんどだと思います。
デッキやカメラからのキャプチャを行うためには、当然のようにCapture Toolを起動する必要がありますね!

メニューバー > ツール > キャプチャを選択するか、ショートカットの⌘ + 7でCapture toolを表示させて下さい。
ビデオデッキのコントローラーの様な画面が表示されているのがお分かりでしょうか?
この画面を使用して、DNxIOから素材を取り込むことになる訳です。



早速カメラの電源をONにしてシグナルをDNxIOに送ってあげると、プレヴュー画面に映像が表示されているのが分かりますね!
しかし上でも少し触れたように、SONY FDR-AX100は4Kカムコーダーとは言っても民生仕様になりますので、HDMI経由でアウトプットされるシグナルにはビデオとエンベデット・オーディオしか含まれていません。

つまり上記の様な状態ですとタイムコードが認識されないので、DNxIO側の設定はもとより、ビンや画質の設定、ソーステープの設定などを行ってもキャプチャ出来ないということになります。
デッキコントロール画面にも「NO DECK」が表示されているのもお分かりでしょう。

ではどのようにしてキャプチャするかというと、タイムコード(TC)をOFFにした上で、TV番組を録画するような感覚で(笑)RECボタンをクリックしてあげる必要があるんですね。



上の写真では、そうやってキャプチャを行う前に、スルーでカメラの映像が表示されるかどうか???確認中のものになります。
カメラの液晶パネル、DNxIOの前面パネルとともに、Media Composerのプレヴュー画面にも同じ映像が表示されているのがお分かりでしょうか?

TCがONになっていると、MCのプレヴュー画面には映像が表示されるものの、RECボタンがクリック出来ませんので、これでキャプチャの準備が整ったということになります。



早速Capture ToolのRECボタンをクリック、キャプチャを開始してからカメラのプレイバックを始めます!

今回検証したDNxIOのドライバー・バージョンですと、DNxHRハードウェア・エンコードは可能となっているものの、現時点ではDNxHR LB(Low Bandwidth)のみがハードウェア・エンコード対象となっているようです。
もちろん、MCで編集したシーケンスをEDL書き出しし、オンライン編集機でオリジナル素材を編集というような流れであれば最適なコーデックでもあるでしょうし、プロフェッショナルの現場ではそれが当然なのでしょうが、個人的には22Mb/s程度のLBよりも、70Mb/sのDNxHR SQや105Mb/sのDNxHR HQでのハードウェア・エンコードが出来れば、プロジェクトによってはそのまま最終出力まで持っていけるのではないか???と思いますので、将来的なバージョンアップで是非対応していただきたいですね!

ちなみに、今回使用したMacBook Pro QuadCorei7 2.6GHzマシンでDNxHR SQキャプチャを行ってみようと試したところ、途中でエンコードが追いつかなかったようで止まってしまいました・・・



キャプチャが完了すると、指定した「Las Vegas Bin」の中にクリップが出来上がっていますね!
とりあえず、それぞれのクリップをプレヴューしてみましたが、動作がカクつくようなこともなく、スムースなプレイバックを行ってくれました。

試しに最高画質設定でデスクトップ・プレヴューも行ってみましたが、ビットレートがそれほど高くなくとも解像感のある画質が確保されているように思えました。
準備中の4Kモニターが未着でしたので、DNxIOのHDMIアウトからの画質は確認出来ていないのですが、動作も軽快ですし、これであればHDプロジェクトと違和感を感じることなく、作業に没頭出来るのではないかと感じましたね!



この時点では編集を開始しておりませんでしたので、フロントパネルにあるオーディオ入力を使用してのパンチインなども試すことは出来ていないのですが、いずれにしてもMedia Composer + DNxIOの組み合わせでかなり突っ込んだ4K編集が出来るのではないか、と思います。

もう一つ、DNxIOをチョイスするメリットとして、Fusion Connect Plugin for Media Composerの存在がありますが、こちらはFusion 8がMacに対応したばかりということもあり、現時点ではWindows上のFusion 7での使用に制限されています。
こちらも、追って対応してくると思われますので、今からどの程度の作業が可能になるのか???非常に楽しみですね!

次回以降はDNxHR LBクリップをシーケンス上に配置し、編集時の動作などを検証したいと思っております!
お楽しみに!

Miyaji Professional Divisionでは、Media Composerのシステム全般はもちろんのこと、Pro Tools HDXとのVideo Satelliteを含めたご提案を行わせていただいております。
お問合せはお電話 03-3255-3332 もしくは下記のお問合せフォームよりお気軽にどうぞ!

お問合せはこちら >>

(文:Miyaji Professional Division:梓澤)

宮地プロフェッショナル事業部
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------